クラフトビールと普通のビールの違いは?美味しく飲むためのポイントなどを紹介

このサイトはクラフトビールと普通のビールの違いはどこにあるのか、美味しく飲むためのポイントなどをご紹介しています。
国内外の各地にある、小規模なビール醸造所で作られるビールに関心がある人にお勧め出来るサイトです。
手造り感が強いのが、職人が造るビールの特徴です。
小さい規模のビール醸造所で作られているものは味わいが多彩なので、飽きることがないともいわれています。
それぞれの良さを引き出す飲み方で楽しむのがおすすめです。

クラフトビールと普通のビールの違いは?美味しく飲むためのポイントなどを紹介

近年、手に取りやすくなっているクラフトビールに関心があるという人は多いのではないでしょうか。
クラフトビールは広く流通している一般的なビールとどこに違いがあるのかというと、まずは醸造所の規模がポイントになります。
大手のビールメーカーが造るビールと異なりクラフトビールは小規模な醸造所が製造しています。
またいわゆる普通のビールはラガーと呼ばれる冷やして喉越しを楽しむのに向きますが、クラフトビールはあまり冷やさず香りや味を楽しむエールと呼ばれるタイプが多いです。

クラフトビールの種類は豊富なので好みの味が見つかる

クラフトビールはいろいろな業者から販売されていますが、種類が豊富なので各自の好みの味を見つけることができます。
ビールはすべて同じように感じている人は、クラフトビールをまだ飲んでいない可能性がありますから一度はチャレンジして飲んでみるといいかもしれないです。
クラフトビールの原料は基本に忠実ですが、スパイスやハーブなどで味付けをすることがありますし、フルーツを追加して爽やかな味わいにしているような商品もあります。
フルーツやスパイスなどをレシピとして投入することで、普段のビールとは全く違った味わいを楽しむことができますから、一般的なビールが苦手な人でも快適に飲める人も多いと考えられます。
女性なんかは辛口よりも甘めな味わいのほうが好みの味になると考えられますから、フルーツやハーブが使用されているクラフトビールを選ぶといいかもしれないです。
変わり種のような商品もありますから、ネタ作りに飲んでみるようなことをしても楽しめるかもしれません。

クラフトビールの探し方はネット通販やSNSがおすすめ

個性的なものから芳醇なものまで、今や様々な種類が日本全国に存在しているのがクラフトビールです。
最近はスーパーでも手に入る様にもなってきておりますが、まだ見ぬ魅惑のクラフトビールを探す為のツールとして お勧めなのがInstagramやTwitter等のSNSやネット通販のサイトとなります。
自分の脚で各酒造や酒屋さんを巡ってというのも確かに楽しいし、ワクワクするものですが、ネットで自宅でもどこでも お手軽にそのワクワク感も得られます。
TwitterなどのSNSで各地のクラフトビール関連の投稿を見つけ、各ユーザーの意見を聞いたり、通販サイトや各酒造メーカーのオンライン販売ページでのレビューを参考にできる為、自分のイメージに合うものが見つけやすいといったメリットがお勧めするポイントになります。
他の探し方のとしては、最初からネット通販で、各通販サイトでの細かなお好み条件での検索によって自分のイメージに合った好みのクラフトビールを探すといった探し方も有ります。

パッケージデザインに個性があるクラフトビールはギフトに最適

クラフトビールはパッケージデザインに個性があるものが多く、ギフトにも最適と言えます。
もちろん贈る相手がお酒を飲む人であることは前提ですが、いつも大手メーカーのビールばかり贈っているのであれば一度クラフトビールを探してみることも驚きを生むかもしれません。
クラフトビールは味にも特徴があるものが多く、常に好みのものに行きあたるとは限らないことがちょっとした賭けと言えば賭けですが、少なくともビールが好きな人であれば全く見向きもされないといったことはまずないと思われます。
個性あるパッケージデザインが話題を生みますし、そこから話が盛り上がるようなこともあるかもしれません。
味とか香りについても同じようなことが当てはまります。
贈り物がマンネリ化していて話題性に乏しくなってしまっているという場合には、相手の好みを最低限把握しつつも、意表をついたクラフトビールはこの点で適切な選択肢ということができるに違いありません。

クラフトビールの魅力はそこでしか飲めない味

クラフトビールとは、小さな醸造所で伝統的な原料や製造方法で作られたビールです。
クラフトビールの魅力は醸造量が少ないため作っている土地でしか流通していないことも多く、その土地でしか飲めない味にあります。
大手メーカーのものは、万人受けするように喉越しの良さを追求したビールが多いのに対して、クラフトビールは苦味や香りなどに個性が出ます。
甘くてフルーティーなものやミルキーで濃厚なもの、ワインのような味わいのものなど醸造所の個性が出てきます。
原料や発酵、熟成方法に麦芽の焙煎、アロマなどが変わってきます。
種類で味も風味もまるっきり違うものになります。
鮮度の良いクラフトビールを飲みたいのであれば、醸造所に併設しているブルーパブに寄ってみることがおすすめです。
そこでしか飲めない銘柄を取り扱っていて、日本でも増えてきています。
遠くに行くことが難しい場合には、色々な醸造所が参加するビアフェスティバルに参加するという方法で飲むことが可能です。

著者:山家勇次郎

筆者プロフィール

栃木県佐野市生まれ。
地元で親の跡を継ぎ酒屋を経営。
問い合わせの多いクラフトビールについて記事をまとめました。
クラフトビールをギフトに!