クラフトビールは味わいが多彩なので飽きることがない

クラフトビールは味わいが多彩なので飽きることがない

クラフトビールはその土地ごと、また季節ごとに個性的な味わいを楽しむことができるビールです。
作り手のこだわりがたくさんこめられているビールですが、一口にクラフトビールと言ってもその種類はさまざまで、大きく分けると上面発酵のエール系と下面発酵のラガー系に分けることができます。
さらに製法や原材料、色や味によってさまざまなスタイルに分類されています。
種類ごとにことなる多彩な魅力を楽しむことができるのがクラフトビールの魅力です。
たとえばピルスナーという種類は金色の美しい見た目とすっきりとした飲みやすさや、ゴクゴク飲めるのど越しが魅力で世界中で人気があります。
一方でどっしりとしたスタウトは、ナッツやチョコレートのような香りが特徴です。
ほかにもアルコール度数が高く麦のワインと呼ばれるバーレイワインや、バナナのようなフルーティーな香りが特徴のヴァイツェンなど多彩な色や香り、味わいのビールがあるので、飽きることがありません。
いろいろな種類を飲み比べてみるのもおすすめですが、もしお気に入りを見つけたらお料理との組み合わせを探ってみるのも楽しみ方の一つといえるでしょう。

クラフトビールのグラスの形には意味があった!

近頃ますます人気が出ているクラフトビールですが、クラフトビールには大きく分けて2つの種類があることをご存じでしょうか。
まず一つは上面発酵のエールで、もう一つは下面発行のラガーです。
これらはさらに原材料や製法、味や色合いなどで有名なピルスナーやスタウトなど、様々なスタイルに分類されます。
さて、もしこれらのビールを飲み比べてみようと思い数種類のビールを注文すると、それぞれのグラスの形が異なっていることにお気づきになりましたでしょうか。
実はそれには理由があるのです。
例えば、知名度も人気も高いピルスナーは、すっきりとした飲みやすさやのど越しの良さが特徴ですが、このビールは気泡の美しさも楽しむために細長い器で提供されます。
一方で、エール系のスタウトは、どっしりとした黒ビールでナッツやコーヒーやチョコレートのような香りが特徴です。
スタウトのグラスは下部にくびれがあり、香りと苦みを調和してくれます。
このように、それぞれの個性や特徴を楽しむことができるのがクラフトビールの魅力の一つと言えます。

著者:山家勇次郎

筆者プロフィール

栃木県佐野市生まれ。
地元で親の跡を継ぎ酒屋を経営。
問い合わせの多いクラフトビールについて記事をまとめました。