手造り感が強いのがクラフトビールの特徴

手造り感が強いのがクラフトビールの特徴

クラフトビールは一般的なビールと比べて手造り感があります。
これはクラフトビールの定義が関係しており、大手メーカーから独立している、醸造者の管理がしっかりとしている、そして伝統的な製法で作られておりきちんと継承していることの3つが達成していないとクラフトビールと呼ぶことはできません。
大手でない分各企業の工夫によって作られており、様々な種類のものが作られています。
日本に置いても醸造所は240か所ほどあり、その場所でしか飲むことができないものも多いです。
丁寧に作られているため原価率が高く、大変希少価値が高いのも魅力となっています。
ビールは一般的にのど越しを味わうものでもありますが、クラフトビールはのど越しの他にビール本来のうまみや甘さを楽しむものになります。
このようなことからしっかりと冷やすのではなく、常温にしばらく置いてから飲むものも多いです。
ふくよかな香りと甘みは地域によって異なっており、その地域独特の味を味わうことができます。

造り手のこだわりが人気を集めるクラフトビールについて

最近良く耳にするクラフトビールという言葉、直訳すると職人技のビールや手づくりのビールという意味合いがあります。
小規模な醸造所が作るビールのことを指していて、大手ビールメーカーとは一線を画した個性的なビールづくりをする醸造所も増えています。
多くの人たちがクラフトビールに注目している理由の1つが、造り手のこだわりにあります。
香りや風味といったビール自体のスタイルはもちろんのこと、小規模だからこそ出来る変わったラベルや販売方法など独自路線で販売を行っている醸造所も多くあります。
ビールの製法には麦芽を粉砕して糖化させ煮沸を行い、発酵熟成させるという流れがあります。
この工程の中でも各醸造所がこだわりの製法を行い、スタイルは同じでも全く違う風味や香りを持つビールが存在しています。
飲みやすさに特化したクラフトビールや独特な風味を全面に押し出したクラフトビールなど、個性豊かなビールがあるのでまだ味わったことがないという人は一度試してはどうですか。

著者:山家勇次郎

筆者プロフィール

栃木県佐野市生まれ。
地元で親の跡を継ぎ酒屋を経営。
問い合わせの多いクラフトビールについて記事をまとめました。